スポンサーリンク

ドラマ化間近か?ミステリと言う勿れが面白い!

漫画
画像出典:月刊フラワーズ

アニメイトに行った時に新刊コーナーにミステリと言う勿れ最新刊7巻が平積みされていて嬉しくなりました。今回は帯に名探偵コナンの作者、青山剛昌先生が描かれた整くんが印刷されていてインパクト大ですね!

Twitterでもつぶやきましたが実はこの整くんは名探偵コナン98巻のカバーそでに描かれたものです。名探偵コナンのコミックではドラマ漫画問わず探偵を紹介するコーナーがあって、その流れで98巻では整くんが描かれました。

本家の整くんも可愛いと思ってますが剛昌先生作画は新鮮でより可愛く見えます(笑)

ドラマ化間近か?ミステリと言う勿れが面白い

月刊フラワーズで連載されていて、作者は「BASARA」や「7SEEDs」を連載されていた田村由美先生です。

2019年には「漫画大賞」で2位を獲得されています。ちなみにこの時の1位は篠原健太先生の「彼方のアストラ」です。こちらもSFですがミステリー要素が強く、アニメ化もされました。2019年はミステリーが強い傾向にあったのでしょうか?

ミステリー漫画といえば名探偵コナンや金田一少年の事件簿を思い浮かべる方が多いと思いますが、ガチガチのトリックというものはあまり存在しません。

ド派手な演出というものは無く人の心理に鋭く突っ込むことが多いので、映像化するならアニメよりドラマの方が向いてるのではないかと思わせられる珍しい作品です。

ミステリと言う勿れあらすじ

1話では主人公が殺人の容疑で警察に連れてこられるところから始まります(任意)

5人の刑事が出てきてそれぞれ事情聴取を行うのですが、刑事たちの日常会話から聞こえた情報を元に主人公から刑事たちに切り込んでいくという変わったスタンスです。

1話ではほぼ取調室で会話しかされていないのですが、久能整というキャラを理解するには十分すぎるほどでした。

主人公の久能整という人間

主人公の名前は「くのう ととのう」と読みます。

名前にインパクトがありますが見た目もインパクト大です。天パというよりかはもはやアフロ頭(笑)ドラマ化向きと言いましたが、その場合どんな役者さんがあの髪型になるのかが気になります。

性格は細かいことが気になる、まるで相棒の右京さんみたいな感じです。人と違う視点から切り込むので読んでいてこちらがハッとさせられることもあります。その性格のせいで人と衝突することもしばしば・・・

1話で整くんとお父さんとの関係性について匂わせる描写がありましたが、最新刊の7巻でいよいよ具体的な描かれ方をされていましたね。整くんの幼少期のことを考えると辛いエピソードになりそうです。

ミステリと言う勿れ試し読み

話数が多く無料試し読みができるのがめちゃコミックです。現在2巻の途中まで試し読みができます。1話だと全部無料で読めるのでオススメです。

【15話無料】ミステリと言う勿れ - めちゃコミック
話題沸騰★青年・久能整!ついに登場!!『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年!しかも謎めいた、天然...

レビューを見ると面白いし続きが気になるから全購入したという方も少なくありません。評価も高くて今から読み進めようとされている方の期待は裏切らないと思います。

まとめ

1巻のあとがきでも作者がおっしゃってましたが、「舞台劇のようなイメージ。閉鎖空間での会話だけのお話」だそうです。

整くん本人は探偵じゃないと言ってますが、探偵って雑学博士じゃ無いと成り立たないと思うんですよね。細かいところに気が付く整くんだからこそ雑学博士になれたのではないでしょうか?だって普通の人は花言葉とかとうもろこしのつぶは必ず偶数とか知りませんからね(笑)

謎解き要素だけでは無く、整くんの語録やうんちくもぜひ注目して見てみてほしいです。

ミステリと言う勿れ 1 (フラワーコミックス α) [ 田村 由美 ]
価格:471円(税込、送料無料) (2020/9/20時点)楽天で購入
タイトルとURLをコピーしました